上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事はセレウス菌原因の急性胃腸炎に掛かった私がウルムチと西安で入院した事件を元に書いております。
私のブログはいつも写真を沢山使うのですが、病院内の写真がほとんど撮れていないので、セレウス菌感染の疑いのある街「和田(ホータン)」の写真を掲載していきます。ご了承ください。

和田(ホータン)は和田玉という玉(ぎょく)が有名な場所。シルクロード以前にこの玉による交易ルートもあったほど。
DSC00163_20100823001508.jpg

↑ホータンの日曜マーケット。ウイグル自治区の各地から売人が来て仕入れをしていきます。
水に濡れていた方が綺麗に見えるため、スプレーで水を掛けている。


【発症】

Rさんにインタビュー(前の記事参照)をする直前から体の感覚がおかしかったのを今でも覚えている。
だが、折角時間を貰ったのに直前で予定を変更するわけにも行かないのでそのまま予定通りの行動。

宿に戻った夕方辺りから下痢気味に…暗くなるころには10分に一回トイレに駆け込むくらいまでに悪化。
出かたもほとんど水のようなものが大量にでるようになってしまい、素人目にもさすがにやばいなと思い始めていた。

深夜2時を周ったほぼ20回目くらいのトイレの際、ついに手足が痺れはじめ、腸にも刺されたような痛みと痺れが走った。
辛うじて立つことは出来たが、まっすぐ歩けない。
なんとかトイレを出て同室の人間にホステルのスタッフに事情を説明してタクシーを呼んでほしいと伝えた。

海外旅行保険の書類と一部の貴重品を何とかかき集めて、呼んでもらったタクシーに乗る。

日本だったら救急車を呼ぶ人もいそうだが、中国では救急車は有料ということは知っていたし、意識はある程度保てていたので
「他に命に関わる急患がいたら申し訳ない」という考えでタクシーで病院まで向かった。
※ちなみに後で他の人の料金見たらウルムチ市内搬送で300元(5000円位)と書いてありました。(タクシーは7元程度)郊外からだと更にお金を取ると思います。

DSC00119_20100830211854.jpg

↑感染経路候補その①
気温40度を超える乾燥地帯のため、こういった露店が多いのだが、危ないだろうなと思いましたが、暑さに負けて食べてしまいました。かき氷とヨーグルト、蜂蜜を混ぜて食べる。ドガップというらしい。2元くらい。※奥の白い巨頭が氷です


DSC00122.jpg

↑感染経路候補その②
セレウス菌は穀物類につくらしいので、かなり確率は高い。熱処理されてればいいのではと思って注文したら、冷めてたので微妙かもしれない。料理名 ポロというらしい。


【病院へ】

なんとか病院に着いて、救急の看板を見つけてフラフラになりながら受付に行き、筆談開始。
大都市ウルムチ市とはいえ受付レベルだとやはり英語は通じない。俺もそこまでは中国語が話せない。

というかそんな気力もほとんど無かった。

宣伝とか関係なしに役に立ったのがiphoneの「dian hua」という英中、中英辞書アプリ
アプリURL→http://mobalife.blog39.fc2.com/blog-entry-525.html

無料だし、オフラインで使えるし、iphoneの入力方式に簡体字の手書き入力を設定しておけば、ピンインや意味のわからない言葉でも簡単に検索できる。
なので、細かい内容の部分は受付の女性にお願いして、iphoneに直接入力してもらって症状を伝えた。指差し会話帳なんかではこうはいかない。

持っててよかったiphone3GS (´▽`)ノ


と、なんとか受付に症状が伝わったところで担当の女性医師が手招きしてきたので、死にそうになりながら診察室に向かう。
簡単な触診と採血が終わって、横になったところで医師が若干中国訛の英語で話しかけてきた。


【This is China】

医師「今、いくらある?」


私「え………?」


医師「いや、だからキャッシュでいくらあるの?」


私「明日の朝ATMで下ろす…予定だったから…400元しかないです…」


医師「ええと、1000元とりあえず支払えるかな、キャッシュで」


私「今…ですか?」


医師「今、すぐ、でないと細かい検査と治療が出来ないです」


私「ええと…海外旅行保険の書類がここにあるのですが…問い合わせしてもらえませんか」


医師「無理、使えない」(書類を全く見ずに)


私「クレジットは?銀聯ではないですけど…」


医師「現金ないの?」(めんどくさそうに)


私「さっき言ったように400元しかキャッシュはないですし…とても動ける状態じゃないの見てわかりますよね…」
 「症状が軽くなったらATMに行って必ず払いますから…日本円ですけどここに5万円ありますので預けても良いですし…」


医師「後と言うのは無理。とりあえず今、700元でいいから払って、ATMは病院内にあるから」(向こうは値下げ交渉だと思ったらしい)


文章だとわかりにくいが、こちらは急性の病気で虫の息になっている状態だ。
幸いATMが近かったのと各ブランドに対応していたのでお金はすぐに出せた。(今後のことも考えて2000元)

これで病院内に対応しているATMがなかった場合、深夜3時に死にそうな体を引きずって銀行探しをしなければならなくなっていたらゾッとする。

そもそも私は物心ついてから大きな病気も無かったし、怪我もなかったので救急に掛かるのも初めてだ。
救急車が有料だったのは知っていたが、救急で検査・治療の為に現金をその場で要求されるとは夢にも思わなかった。

アメリカの医療ドラマ「シカゴホープ」や「ER」で無保険の患者が追い返される場面は飽きるほどみたが、まさか自分がそれに近い扱いを受けるとは…

約束の700元を医師に渡すと即座に点滴が開始されて、抗生剤も尻に打たれる。
文字通り「現金なやつら」である。いや制度だから仕方ないのもわかるのだが。


夜も明けようとしている時に、医師が知り合いはいるか?知り合いがいないと薬も出せないし、入院も出来ない。というので宿で仲良くなった台湾人に来てもらって中国語⇔英語の翻訳をしてもらった。
昨晩の話をしながら「日本だったら…なのに…」ということをいうと彼は「気持ちはわかる。だけど『これが中国だ』(This is China)」と一言。

アカデミー賞も受賞した映画「ブラッド・ダイヤモンド」の名フレーズ「"TIA" This is Africa.」を思い出して笑ってしまった。


「"TIC" This is China.」


このフレーズはしばらく、自分の中でしばらくは反芻され続けるような気がしている。


→その2につづく


DSC00233.jpg

↑感染経路候補その③
皆大好き「あんずジュース」
キンキンに冷えてて美味しいんだが、グラスは水でさらっと洗って使いまわし…。


DSC00245.jpg

↑感染経路候補その④
蒸したごはんに蜂蜜つけて食べるって料理なのだが、菌が穀物につくって時点でかなり確率高いかも。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aroundtheworld01.blog34.fc2.com/tb.php/96-ceaa6e9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。