上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうそろそろ終わりにしてくれって感じですが、今回で豫園編も終わりです。(写真も少なめ)
借景⇒窓ときて、最後は床に注目してみてます。


DSC08706.jpg

↑大きさの違う石(瓦?)を交互、逆方向に並べて柄を作ってます。

DSC08707.jpg

↑菱形にも、六角形にも、立方体にも見える柄。こちらも大小の石を使い分けて柄にアクセントつけてますね。

DSC08708.jpg

↑純粋な六角形(浅井家の家紋に見えたのは俺だけでいい)

DSC08714.jpg

↑左右上下で柄を共有して形をつくるタイプの柄

DSC08701_20100223085226.jpg

↑さらに色を使い分けて、絵柄を作ったりもしてます。

DSC08695.jpg

↑亀だった?かな?

というわけでちょっと変わった豫園の紹介でした。

まぁ何というか、各国の美術館の記事もそうですが、こういった記事は好みというか興味の有無が分かれると思いますが、伝えたかったのは「全体ではなく、部分を見る視点を持つと発見がある」って事です。

↓ランキング参加中です。押していただくと記事の更新が早くなる可能性も無きにしも非ず

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aroundtheworld01.blog34.fc2.com/tb.php/72-8a2b115e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。