上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけでR氏と共に翌日朝早く出発…
難易度を上げているのは結局中国のローカルのバス網の表示。
ローカルに行けば行くほどバス停には番号しか書いてない、時刻表はもちろん、行き先も書いてない。
まさに万里の長城の様に余所者を寄せ付けない堅牢さを誇っているわけだ。(※これが言いたいだけです、そのために若干の誇張が入っていることをご了承ください)

実は、素直にバス路線図を買えば難易度は下がるんですが…。
まぁ何とかなるだろうということでやっておりましたw

長城に行くまでには北京市内から高速道路を使うバスに乗り、そしてローカルを走るバスに乗り換えなければいけない。
R氏はその乗り換え先のバスが分からず断念したのだが…

今回もよく分からずに一時間くらい待ったり、近くのバス停を行ったりきたり。
最終的に中国語しか通じない現地の人に地名と指差し会話帳の例文を書いたメモ見せていたら
ちょうど水長城行きと書かれたバスが到着…。

公共交通機関での鉄則、現地の人(もしくは車掌)に行きたい場所をアピールしておき、着いたら教えてもらう。
という方法を今回もとろうと思い、隣に座ったお爺ちゃんに筆談と指差し会話帳を使ってアピールしたのだが

おじいちゃん途中で寝ちゃいましたww

まぁバスの客務員に再度アピールしたのと看板があったのもあってなんとか現地の近くまで到着…

DSC08403.jpg

↑黄花城の文字!!!なんとか着いた!



しかし、看板の前で降りたはいいが、水長城という文字も逆方向側にあって、本当にこっちであってるか分からない
(水長城と黄花城の違いを認識しておらず…)
まぁ現地の人に聴けば分かるだろうと思っていたら、「おいらにはわかんねぇ…」的なリアクションばかり

炎天下の中、ウロウロしていると

DSC08409.jpg

↑馬がいたり


DSC08405.jpg

↑わんこがたむろしていたり…


と長閑な田舎景色に都会生まれ都会育ちのR氏が癒されてると(俺は田舎は嫌いだぁー)

運良く目的地が同じっぽい中国人がいたので、あとを勝手についていくと、怪しいおばちゃんと遭遇。

R氏が目的地が書かれたメモを見せると

「こっちだよ…私について来な…」とニヤニヤしながら歩いていくおばちゃんの後についていく…すると…

DSC08420.jpg

↑たしかに看板が!(左に写ってるのがそのおばちゃん)


これでR氏のリベンジも果たせるということで喜んでいたのだが
一緒に歩いているとおばちゃんが「ピー、ピー、ピー」と自転車の横についているクーラーボックス的な物を指差していたので
更に怪しいなと思っていると、長城入り口に付いた途端、倉庫から帽子やら爆竹やら出してきて「40元だ!買え!」的な
ことを言い出した。

親切なおばちゃんだと思ったら、お土産屋のおばちゃんでしたwwww
(※「ピー」とは中国語で「氷」のことでつまり氷菓子のことだと思う)

まぁ帽子を持ってくるのを忘れたので値切りながら帽子だけ買っておばちゃんに別れを告げました。
(礼儀を感じて恩を返そうという思いに縛られてしまうところがなんとも日本人的というか…)

次回!ついに長城へ到着!しかし彼らを待っていたのは…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aroundtheworld01.blog34.fc2.com/tb.php/32-7da691bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。