上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさか、台湾の國立故宮博物院を見て 日も浅いうちに北京の故宮博物院にいくことになろうとは…。
実はトラブルで台北から一時帰国して、再出発でたまたま買った格安航空券に北京のストップオーバーがついていたから…ということなんですが。

東南アジアから中国、チベットというルートの関係上、東北の果てにある北京にはわざわざいかないだろうなと思っていたので、まさに「怪我の功名」でしょうか。

石造

↑見つめる先には何があるのか…

感想としては、建築物はさすが。色使いはともかく馴染みのある大型の木造建築。
そして思っていた通り、展示物はほとんどない。目立ったものとしては、中央奥の西側あたりに玉系の展示が少しあるのと時計のコレクションルームがあるくらい。内乱時に国民党にあらかた持っていかれたとは聞いていたけれどもここまでとは…。
(台湾の急進的な親中派の中には台湾の故宮博物院の所蔵品を中国にすべて返して中国と正式に国交を結ぼうとかいう連中もいるみたいですが。)

正直、建築物好きなら間違いなく北京の方がオススメだとは思う。

故宮


↑外国観光客が多いかと思ったが、地方からの観光客も相当な数来ていた。


そして、強く思ったことは、さすが易姓革命の国、国が代われば皇帝の住処すら観光地になってしまうんだなぁ、ということ。
あまりこういった感想を持つ人間はいないかもしれないが、綿々と続く日本の皇室の尊さを感じた。

他国の歴史に触れるということは時に自国の歴史について、新たな自覚を与えてくれることもあるのだなと思ったしだいです。

はぎとり

↑農民反乱で荒らされた際に金の部分は剥ぎ取れらてしまっている。


庭

↑皇帝が過ごした庭も今は昔。


ラストエンペラー

↑映画「ラストエンペラー」で溥儀が自転車で走ったあの道。
カップルの服の色と太陽の光陰の色がちょうど重なったので撮ってみました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aroundtheworld01.blog34.fc2.com/tb.php/26-3eae7045
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。