上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
國立故宮博物院がある士林には有名な士林観光夜市という台北一の夜市があるのだが、夜市というだけあって午後6時以降からの開始のため、時間をつぶす必要があった。

で、とりあえず一駅分歩いていったのが、圓山駅の東にある台北市立美術館
が、やっていた特別展示は日本でも見れるPIXAR展…ここまで来た意味がない…

台北市立美術館
↑PIXAR展のせいでカップルと家族連れの巣窟になっていた美術館

ただ、常設のほうでは日本統治時代の街並みを描いた絵や、日照東照宮を描いた絵など日本との繋がりを感じられる作品をいくつか見ることが出来た。

そして、美術館というと多くの場合、アート関連の商品を売るショップがあるので立ち寄ってみたが…
店の半分くらいを占めていたのが、日本のマンガ…
しかも、中型書店並みの品揃え…おそらく売れるから置いてあるんだろうとは思うけど、何か間違っちゃーいないか、台北市立美術館…

ドラゴン桜
↑台湾の人間が東大を目指すことはあるのだろうかw


期待はずれに、若干疲れを感じながら圓山駅の東にある孔子廟へ
台北に孔子廟は数あれど、ここは台北市が公費で運営する唯一の孔子廟である。
だから何だって話だが、よく整備されていた。

孔子廟
↑周りは結構汚いのだがココだけは綺麗に整備されていた

廟自体の作りもさすがだが、やはり目を引いたのが下の写真の絵馬的なやつ
大学受験のお願いが多い中、特に目を引いたものをピックアップしてみた。
※若干気合が足りなくてピンボケです、すいません…

東京へ

↑ぜひ来てください。できれば京都とかも行ってくれると個人的には嬉しいです。
(交通費の高さから多くの外国人は東京だけ行って帰ることが多いそうです)


(^^)

↑(^p^) (多分孔子様を描いたんだと思います…) 

勉強が役立つか

↑大丈夫…きっと役に立つ日がくるさ…

憎まん

↑これ見たときちょうど腹が鳴りましたorz にしてもかわええ絵だ…


願い

↑その他にも、台湾と日本の人たちの願いが沢山書き込まれていた…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aroundtheworld01.blog34.fc2.com/tb.php/22-7b1bab55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。