上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出発がまたまた延びて(8月26日関西国際空港出発)時間ができたので
装備を買い足してたりします。服装とかは最低限ですが、日本でしか買えなそうなものを…

で、500GBのポータブルHDD(I・O DATA)を購入…DVDの外付けドライブを持っていくし、オンラインでの保存も場所によってはできるので、ある程度のバックアップはできるんですけどね…フルサイズのカメラで撮る写真や動画の容量も馬鹿にならん…。
映画とか圧縮して入れていけば、まぁ場合によっては暇つぶしになる場面もあるんじゃないかとおもってます。

で、もうひとつが旅の記録用の手帳です。
当初は仕事で使ってた安いシステム手帳をそのまま持っていく予定だったのですが
せっかく一年(以上)の旅…使えば使うほど愛着が沸くものがいい。
ということで、奮発して本革の手帳を前提に検討しました。

まぁ行った店が丸善ということで若干対象年齢が高く、価格帯も若干高めだったり…。
まぁ覚悟を決めて、1万円中盤の財布代わりにもなるやつを購入しようと思ってたんですが、店員に「旅ならこれがいい」ということで↓を薦められました
トラベラーズノート セット ブラウントラベラーズノート セット ブラウン
()
ミドリ

商品詳細を見る


結構専用サイトも充実してて、管理人のブログも面白いです。


単純に革を二つ折りにしているシンプルな作りもあって、単価は1万円台を見た後だと安く見えたり…w
シンプルな代わりに、カスタマイズの広さを売りにしてたりするのでリフィルは豊富ですが、色々買い足していくと結構な値段になったりしますのでご注意を…。

文具メーカー「MIDORI」が企画している日本製品なので海外での中身のリフィルの入手は難しそうですね。海外の輸入雑貨屋にはありそうな予感もありますが…。

ノートはオリジナルサイズでA6をたてに伸ばしたサイズですので、最悪、A6のノートを流用するのもありかもしれません。(ちょっと違和感ありますが)

それと、Amazonのレビューにも書かれてますが、手帳を纏めるゴムひもが背面に付いているせいで
平面に置いても、若干右ページ側が書きにくかったりします。

私の場合はバス乗車中や待ち時間にそこらに座って書くってスタイルなのであまり関係ないですが、
ゴムを紐に代えるとか、工夫が必要かもしれません…
まぁそういうカスタマイズの自由さを不便と感じず、楽しさと思える人向けと思ってもらったほうがいいと思います。(旅もそういう人のほうが向いていると思ってたり)

検索しても結構カスタマイズしてる人が多くて、私も中東あたりでクラフトワークの店で細工でもしてもらおうかと妄想中だったりします。

まだこれから使用していくって感じですが、旅の途中でレポートしてみたいと思います。
デジタルガジェットもいいですが、アナログガジェットも重要ですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aroundtheworld01.blog34.fc2.com/tb.php/16-a089ee88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。