上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC09386.jpg

↑大明寺で撮影。寺にしてはドぎつい配色。


そろそろ、回答が重複してくる三人目です。

回答のあとの ※コメント は回答を受けて自分なりの考えを簡単に述べてます。
興味ない方は読み飛ばしてやってください

【プロフィール・エピソード】
出身地 揚州 性別 女 年齢 23歳

その2の女の子の同級生で日本語可。同人会のリーダーをしている
ちょっとオタクっぽい女の子。
日本語はできるがまったく関係のない教科の先生になるそうです。
まぁそれが現実といえば現実かも。


1.あなたの夢は何ですか?
五年後、十年後、三十年後それぞれ教えてください。


五年後:先生になり、同人会も成功させて全国的なイベントに参加したい。
十年後:海外に中国文化を宣伝できるようになりたい。
三十年後:小さな店を開いてのんびりと年をとって行きたい。


※今後、中国の海外への文化輸出ってどうなっていくんですかね
 彼女を含めて国産の漫画やアニメの現状に嘆いている中国人は多いですが


2.中国で一番有名な日本人は誰だと思いますか?

小泉純一郎


※中国では悪い意味で一番有名かもしれませんね。


3.加藤嘉一さんを知っていますか?彼は中国で一番有名な日本人だと思いますか?

知らないです。


※ネットやコラムが載るような雑誌を見ない人には日本語学科の人でも接点がないかもしれません



4.趣味はなんですか?月にいくら使います?

あえて言うなら旅行。同人誌は半分仕事みたいなもんだから。



※有名になると日本みたいに同人誌で食っていくとかあるんですかね?聞かなかったけど


5.一番好きな著名人は誰ですか?

汐百。


※そっち関係で有名な方でしょうか。聞いておけばよかった


6.中国で一番綺麗な場所はどこですか?

中国にはとてもたくさんの綺麗な場所がありますよ(ニコリ


※同意ですが、自然遺産は今の中国人が開発すると碌なもんにならんので早めに行くことをお勧めします


7.中国の高速鉄道は安全だと思いますか?

ノーコメント


8.貴方にとって大事なもの上位三つ(例:お金、父母などなど)

夢。家庭。事業。


※私もこの年で「夢が一番」と答えそうな馬鹿野郎なので気持ちはわかる


9.もしこの世にもう一度生まれてくることができるとしたら、どこの国に生まれたいですか?

中国。なぜかって?私はこの国を愛しているからよ。



※中国に生まれたものにしかわからない魅力が中国にはあるのだろうな。
もちろん自分も中国の歴史や文化は尊敬しているが…というわけで中国にもう一度生まれてきたい2票目。



10.もし海外に行ける機会があればどこの国に行きたいですか?


欧州。なんとなーく


※日本語学科だけど、日本のプライオリティは低いんだよなぁ。
 結局仕事目的でしかないんだろうなと。まぁ中国に来る日本人の多くもそうである気がしないでもないが



11.日本のアニメは好きですか?韓国ドラマは好きですか?


日本のアニメとアメリカのドラマをみるので韓国ドラマを見る時間はありません。

※まぁ時間があっても見ないけどね、韓国ドラマ(ボソッ 


12.もし日本人に質問する機会があったら、どんな質問をしますか?

日本でアニメを見るのにお金が必要ですか?


※確かに中国で日本のアニメを見るにお金は必要ではありませんねw
 頭痛くなってきたw


13.中国においてあなたが一番大きいと思う問題は何ですか?


環境問題。食品安全。



※政治系の問題をおいて置くとすれば、確かに重要度が高いですね。
  中国の安いところで食事してると毎日毒素を溜めていってる感じがします。
  中華料理自体はおいしくて好きですが



14.ぶっちゃけ中国共産党何年持つと思います?

100年


※100年後と答える場合、数字自体に意味はなくて「私が生きている間にどうにかなるレベルのものではない」
という事なんじゃないかと勝手に受け取ってます。



↑インタビューの内容からは少し外れてしまうが…
彼女のように同人活動とはいえ、中国のコンテンツ産業の片隅にいる人間の「嘆き」を聞くと
一部の映画以外を除いたコンテンツはまだまだ輸出できるレベルにはないという事を改めて思い知らされる。

が、例えば韓国政府が行っているように「コンテンツ」というものは「他国に自国文化を浸透させる尖兵」
という見方もできるわけで、韓流以上に注意が必要といえば必要かもしれない。

DSC09378.jpg

↑こういったことをやってる世代の人間が「日中友好」の旗印の下に、過剰な譲歩を容認し
現在のある意味「イビツな日中関係」をつくった面もあるわけで、余計な荷物を背負わされかけている
「子々孫々」の一人としては余計なお世話といいたくなる。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aroundtheworld01.blog34.fc2.com/tb.php/108-ece8af2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。