上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.18 日本人移住者
前の日記に書いたリスナーのTさんにパラグアイの日本人移住者のことを少しだけ教えてもらって非常に興味が湧いたので、日本人移住者のある土地にできるだけ行こうと思ってます。まだあまり調べられてないけれども。

ブラジルも日本人移住者が多くいる土地で、従兄弟がブラジル生まれ(国籍も保有)で、遠からず縁がある土地であるし、自分の住んでいる土地にはかなり多くのブラジル人移住者がいたりするので、今後のためにもかならず行っておきたい。

そういう意味では、南米ではないけれども、自分の祖先も「元」移住者だったりする。
自分の曽祖父は、日韓併合後の韓国南部に正式な手順を経て土地を買って、旅館と農場経営をしていた。祖父は現地で生まれているのである意味では二世かもしれないが、中学卒業後には日本に帰国している。戦後に捏造された話とはかけ離れた当時の話も祖父からいろいろ聞いているがここでは割愛。

その後、終戦と共にすべてを放棄して壮絶な旅路を経て日本に帰ることになるわけで、南米等の移住者からみると、自分の先祖は移住者になり損ねた人たちということになるかもしれない。

同じように当時の政府の方針で開拓民として異国に渡ったわけだが、その子孫の置かれた状況は大分違う。
今回、日本人移住者の話をきいた後で、歴史が違っていたら自分は(厳密には生まれないがw)日系四世と言われていたんだろうなーとちょっとした妄想をしてしまった。
スポンサーサイト
リスナーの方にも何度か勧めていただいた映画
「モーターサイクルダイアリーズ」を親父と共に鑑賞した。

内容は簡単に言えば、革命家になる前の医大生だったチェ・ゲバラが23歳のときに、友人と共に古バイクで南米大陸を旅するというロードムービー。

感想は色々あるが印象に残っているのは、チェ・ゲバラ(映画ではエレネスト青年)の底なしの勤勉さ(糞真面目さ)、行動力、南米各地の景色(各地の人々を含め)、誕生日でのスピーチのシーンなど。
モノクロで演出された各地の人々の映像もかなり印象的であった。
英語ではなくスペイン語できちんと作られた映画だったのも○
原作となる本のほうはまだ読んでいないが映画が結構よかったので注文中。

キューバおよび、南米に行くのがさらに楽しみになった映画だった。

南米に関してひとつ書いておくと、とある親切なリスナーさんが
彼が関係しているパラグアイの日本人移住者の方への連絡を取っていただいているそうで、
現地での旅がスムースにできるようにご助力いただけるそうです。
正直、ニコニコ生放送はいろんな意味でカオスで疲れることが多いですが、顔も知らない彼の持つ良心に触れる度にいつも癒されております。(Tさん、あなたの挑戦も順調にいくことを祈ってます)

日本人移住者について書こうと思ったが、長くなるので別の日記で。
「反対…でも守って」 海自がピースボートを護衛 ソマリア沖
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090514/plc0905140140001-n1.htm

ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。
                         ↓だがしかし
事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(企画・実施会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している。

昨日、全世界的に治安が悪化していることを前提に、ひとつの案として
安全なのを理由に世界一周はピースボードで行ったら?と親戚からの提案があった。
もちろん、わが身を案じていただいたことは涙がでるほど嬉しかった。

だがしかし、そもそも自分の政治的「主張」とは真逆な組織であるし、
こんな糞みたいなダブルスタンダードを使う組織が運営する船に乗りたいとはまったく思わない。

もちろん、海賊が出没する危険地帯を通るわけで、なにかあれば政府に迷惑がかかる問題ではあるので、単純には語れないのはわかるが。
(でも、主張があるのであれば、ルートを変更することもできたはずでは?)

それでも今回のことは、「平時は大反対しておきながら、自分が危険にさらされたら、真っ先に守ってもらおう」とする根性が見え隠れしていると思う。

前々から言われている左寄りの話だが、従姉弟がかつて参加しているのもあり、政治的な企画に参加しなければ大して問題ないとも聞いているが…そもそも一人旅が好きで、新たな道を探す際に参加する旅ではない気がする。
(船自体の老朽化や去年の南アフリカでの事故などもひどいらしいし)

今回の旅は危険地帯にいくのが目的でもないし、怖いもの見たさで旅をするわけではないが、
ピースボードの旅もまた主旨が変わってきてしまうので参加は絶対したくない。
一人旅の中でどう安全を確保して、親族に納得してもらうしか道がないと思うので、出発まであまり時間はないが、色々情報を集める必要がありそうだ。

あ、それと産経さんGJ。
2009.05.11 選挙権
ブログ書かないとね…
放送でもすこし触れていた選挙の話…

やっとのことで、小沢(代表)が辞任した。個人的にはこのまま選挙に突入していただいて、民主党に負けていただきたかったがしょうがないです。

で、衆議院選挙も近いので、海外から在外投票の方法をチェックしてみたが…
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/flow.html

この仕組みもわからない…長期で海外の一定住所に滞在する場合はともかく、俺みたいなバガボンディングに近いような場合はどうすれば…??登録に必要な在留届ってホテル住まいじゃあ出せないだろうし…
さらに俺って住民票を節税のために抜くんだよな?その場合、選挙権ってどうなるんだ?

住民票のやつはどっちにしろ役所にいかなければならないので、ついでに聞いてこようと思いますが
おそらく投票できない可能性が高いですね。
衆議院選挙という一番重要な選挙で国民の義務たる投票ができないのは残念ですが
日本国民の皆さんがまともな判断をしていただくことを祈ってやみません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。